忍者ブログ
HON廃人になってしまった元FPSプレイヤーのヴログです。 現在プレイ中のゲーム:HON
[70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60
Posted by - 2017.04.30,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Ranch - 2009.08.08,Sat

これは、フォーラムをエキサイト翻訳したものや、私が知っていたほうがいいと思うことを書いています。
基礎知識、ダメージ計算など知ってると得するかも?
 



Friendly Fire: AoCは一部のサーバーを除き、フレンドリーファイアつまり味方への攻撃が可能です。
アーチャーの誤射による不幸な事故は日常茶飯事ですが、貴方がアーチャーとして戦うなら味方と戦闘中の敵を狙うときは細心の注意を払って矢を放つべきです。
もしくは、その戦闘に参加しようとして向かってくる、味方に当てる心配のない敵を狙うべきです。
貴方の過信で味方を死なせることは貴方の死に繋がります。
気をつけるのはアーチャーだけではありません。
Heavy Knightや、Crusader、Guardsmanなど、広範囲且つ強力な攻撃を放つ時にも周囲の味方の頭を切り落とさないように注意するべきです。
自分の隣に見方がいるようならば、切り下ろしもしくは突きによる点の攻撃を行うべきです。

FFがあるが故に二人で一人の敵を襲っても同士撃ちをしてしまう可能性は十分に孕んでいます。
仲良く並んで敵と戦うことは非常に愚かです。
なぜなら、敵の切り払いは二人ともに攻撃でき、こちらが切り払いを行えば隣の味方をも傷つけます。
味方が複数居るなら、敵の前方と後方もしくは側面から挟み撃ちにすることが敵にとってもっとも脅威となる戦いにできます。


戦闘の知識:戦っている最中、相手のクラスが分かれば少しでも貴方は有利になります。
クラス毎の攻撃の特徴、飛び道具の数を知っていれば貴方は相手からの攻撃を防げる可能性が少しでも生まれるでしょう。
攻撃にパターンを作らないように注意すれば貴方の攻撃が成功する確率が上がるでしょう。
逆に、相手の攻撃パターンを見極めることで相手の攻撃を防げるでしょう。

ダメージの計算式:クラス選択画面にある防御力の数値、例えばCrusaderの防御力30、これは相手の攻撃のダメージを30%程度軽減することができます。
100-30
━━━━=0.70
100
これに、ダメージの明確な攻撃の数値、例えばGuardsmanの突き、125ダメージをかけることで自分の受けるダメージが分かります。
125×0,70=87.5
これが貴方が胴に受けた場合のダメージであり、自分の体力が12残ります。
又、ヘッドショットを受けた場合はダメージに25%のボーナスがつきます。
87.5×1.25=109.375
ダメージが体力の100を超えたため、貴方は死亡します。
AoCのダメージ計算は厳格で同じ攻撃を同じヒットボックスに命中させればダメージは毎回同じになります。
汎用計算式
100-b(防御力)
━━━━━━━×c(基本ダメージ)=d(胴体へのダメージ)
100

ヘッドショット時
d×1.25=ヘッドショットダメージ

首へのダメージ
d×1.30=首へのダメージ

ヒットボックスごとのダメージボーナス表
頭: 1.25
首: 1.30
胸: 1.00
腕: 1.00
胃(腹部?): 1.00
脚: 0.75


クラスごとの特徴

・Longbowman
遠距離から相手を攻撃する能力に特化しています。
仲間と戦闘する前の敵に手傷を負わせ、仲間が有利に戦えるように支援したり、敵のアーチャークラスを駆逐するのが仕事です。
接近戦用にショートソードを装備していますが、極力接近戦は避けましょう。

・Crossbowman
遠距離攻撃としても、通常攻撃としても最高の威力を持つクロスボウは盾を持たない敵を狙撃することで多大な戦果を期待できます。
ナイトには瀕死の重傷を、それ以下の防御力のクラスは一撃で葬ることができます。
その代償として、矢を発射する度にリロードを必要とし、その間動くことができません。
Longbowmanと同じくショートソードを持ちますが、やはり接近戦には向きません。

・Javelineer
遠距離攻撃、接近戦ともに必要最低限のものを備えたハイブリット。
しかし、打たれ弱い上に扱いには熟練が必要で実際には器用貧乏なクラス。

・Man-at-arms
ゲーム中最速で、他のクラスでMan-at-armsのダッシュに追いつくことは早々できない。
その素早さを活かして敵をかく乱、敵のアーチャーの駆逐やオブジェクトの達成など、チームに一人は欲しいクラス。

・Sergeant
Man-at-armsに次ぐ素早さと、Crusaderを超える防御力を持つため、素早く移動しながら敵を薙ぎ払い少々のダメージをものともせず戦えるクラス。
攻撃範囲が少々狭いが、癖のあるメイスを使いこなせばMan-at-armsを超えるかく乱能力を活かしチームに貢献できるでしょう。

・Guardsman
ゲーム内の近接武器で最大の攻撃範囲を持ち、突きは最高の威力を誇るハルバードを持つ強力なクラス。
しかし、相手に近づかれると非常に苦戦することになるので広い攻撃範囲を活かして相手を近づけないようにする技量が必要。
周りの味方へのFFも多いため注意。

・Crusader
ゲーム内で中核をなし、且つ使いやすい初心者向けのクラス。
広い攻撃範囲と早めの攻撃速度を持つが、ナイトの中で防御力が低めなため、気づくと瀕死になっていることもある。

・Knight
対多数の敵を相手どるのが得意なクラス。
突きの攻撃が自分の周囲全てを攻撃できるので上手く使えば背中を見せながら攻撃したりできる。
彼がフレイルを振り回すとき、周囲に屍ができるとかできないとか。

・Heavy Knight
ダブルヘッドアックスによる暴風と硬い装甲で敵を薙ぎ払う戦士。
シールドを持たないため、遠距離攻撃に無防備で注意が必要だが、近づく相手を恐怖させるパワーを活かした戦いが得意。

また何かあれば書き足します。

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
プロフィール
HN:
Ranch
性別:
非公開
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]